「迷惑キャンパー」がコロナ禍で多発中!教え魔、泥棒、ナンパの迷惑行為がツイッターやブログでも話題に|対策や対処グッズをご紹介します!

ツイッターやブログで「迷惑キャンパーにうんざり」の声が多発!

青い空、緑の森、そして美味しい空気。

日々忙しい日常を過ごしている現代人にとって、自然の中で過ごすキャンプの時間は、リラックス効果抜群で癒されますよね。

でも、最近キャンパーの間で話題になっているのが「迷惑キャンパー」の増加です。

迷惑キャンパーとは、文字通り迷惑行為をするキャンパーのこと。

無意識や無知識で迷惑キャンパーになってしまっている人から、迷惑キャンパーと呼ばれても気にしないような意図的な迷惑キャンパーまで、様々なタイプがいます。

 

迷惑キャンパーに関しては、ツイッターやブログなどでも沢山の目撃情報や写真が寄せられており、

「キャンプに行きたいけれど、コロナ禍で迷惑キャンパーが増えたんじゃない?」

「初心者でキャンプのことをあまり知らないから、迷惑キャンパーになっちゃったらどうしよう。」

という声も挙がっています。

そこで今回は、実際ツイッターやブログなどで報告されたものも含めて、迷惑キャンパーの実態や実例をご紹介します

迷惑キャンパーの対処法などもご紹介しますので、是非参考にしてみてくださいね♪

スポンサーリンク

あなたは何系に遭遇した?タイプ別迷惑キャンパー

ファイヤー系迷惑キャンパー

・火のつけ方に慣れていないのか、新聞紙に火をつけてぶんぶん振り回していた。すごく大きな火になって、周りは自然も多かったので火事になるのではないかとヒヤヒヤした。

・小型の火炎放射器のようなもので火を起こしていて、火の粉がうちのテントに飛んできて穴が開いた。

・焚火に割りばしや紙皿などを投入して、残った油でかなりの高さまで火が上がっていた。

・風が強い日に管理者側から火の使用を禁止するよう言われていたのに燃やしている迷惑キャンパーがいて、周りの人とのトラブルになっていた。

ねこ美
ねこ美

迷惑キャンパーの中には「うちの火の粉だって証明できないんだから弁償する必要もない!」って考える人もいるの。

夏樹
夏樹

やられ損。近づいちゃダメね。

スポンサーリンク

不法投棄系迷惑キャンパー

・キャンプ場に大きなゴミ袋がいくつも不法投棄されていた。

・隣でバーベキューをしてた人が、枝豆のカラをポイ捨てしたり、紙皿を川に流したり、とにかく酷かった。

・迷惑キャンパーというか、無知キャンパー?最近焚火の後の“炭ゴミ”の不法投棄が目立つ。(※炭ゴミとは、焚火などで使った後の炭のこと。)

ねこ美
ねこ美

「炭は自然に返るからそのまま放置でOK」って思っている人がいるみたいだけど、火事の危険性もあるから絶対にダメ!

夏樹
夏樹

キャンプ場によっては炭ゴミ入れがある場所もあるし、絶対に放置するのはやめよう!持ち帰った場合も燃えるゴミで簡単に捨てられるよ♪地域によって捨て方が異なる場合もあるので、確認してみてくださいね。

・ドリンクの缶はそのまま放置、ゴミは生ごみ、不燃ごみ、プラスチック、全部まとめて1つの袋に不法投棄。後から誰かが捨ててるって想像できないのかな、迷惑キャンパーは。

・キャンプ場はキレイだったのに、駐車場にゴミがいくつも捨ててあった。

夏樹
夏樹

包丁をゴミ袋に入れて捨てるって何考えてるの?こういう人ってきっと竹串もそのまま袋に入れて捨てちゃう迷惑な人よね。

ねこ美
ねこ美

過去にはキャンプ場に約20キロの生ごみなどを捨てた人が書類送検されているわ。

スポンサーリンク

騒音系迷惑キャンパー

・スマホでスポーツ観戦しながら騒いでいてうるさかった。

・音楽を流しながら踊っていた迷惑キャンパーの群れがいた。

・静寂時間にペグ打ちをしたり、早朝から景色をカシャカシャスマホで撮影したりとにかく騒がしい。写真映え、フォトジェニックを気にする女性の迷惑キャンパーが増えたように思う。

・太鼓やギターを持ち込んで深夜まで演奏している集団がいた。しかもみんな下手くそだった。

夏樹
夏樹

演奏が下手なら、なおさら辛い!

泥棒系迷惑キャンパー

・勝手にキャンプ場の山に生えている山菜やキノコを取って食べていたキャンパーがいた。

・木を切り倒して薪にしていた迷惑キャンパーを発見!もちろん残骸はその場に捨ててたよ。

・キャンプ場の近隣の民家で育てている野菜を取ってバーベキューしてる奴がいた。通報した。

ねこ美
ねこ美

「自然はみんなのもの!」じゃなくって、ちゃんと所有者がいるよ。

・キャンプ道具を隣のキャンパーのところから勝手に持って行って使っている人がいて、かなりの騒動になっていた。

夏樹
夏樹

キャンプでは気がゆるみがち。道具や持ち物の泥棒被害は毎年かなりの件数あるそうですよ。

スポンサーリンク

距離なし系迷惑キャンパー

 

・家族連れできている人が子供を放置。うちのキャンプサイトに勝手に入ってきて、ジュースを飲もうとしたり、お菓子を食べようとしたり、とにかく絡んできてうっとおしかった。親に注意したけど、もう酔っぱらっていて全然話を聞いていなかった。

・区画サイト内を勝手に通り抜けたり、ペットの犬を首輪なしでうろちょろさせてる人がいた。注意しても「すみませぇん」だけだった。おしっこされたので、別のサイトに変えてもらった。

・女の子だけでキャンプに行ったら男性だけのグループがナンパしてきて、上から目線でキャンプについて説かれた。うざかった。

・ソロキャンしてたらオジサンが「これはこうやった方が良いよ」「こんな道具があるよ」って何も聞いてないのに話しかけてきて怖かった。後から調べたら「教え魔」って呼ばれる人が一定数いることが分かってビックリ。

ねこ美
ねこ美

特に女性キャンパーは教え魔被害を受けている人が多いみたい。

違法駐車系迷惑キャンパー

・キャンプ場でもなんでもない土地に駐車して焚火をしている迷惑キャンパーがいた。

・夜中に車の乗り入れが禁止されている芝生エリアに入ってエンジンかけっぱなしにしている高齢迷惑キャンパーがいた。

スポンサーリンク

迷惑キャンパーに遭遇した時の対処法

ここまで迷惑キャンパーの実態についてご紹介してきましたが、

「こんな人達に遭遇したら嫌だな~」

「遭遇したらどう対処したらよいのかな?」

「逆上させないような対処法が知りたい!」

って思いますよね。

そこで、実際に迷惑キャンパーに遭遇した時の対処法や、迷惑キャンパーの被害を受けない方法をご紹介します。

迷惑キャンパー対処法その1!静かなキャンプ場を選ぼう

騒音計迷惑キャンパーに遭遇しない為の対処法として、静かなキャンプ場を選ぶという方法があります。

具体例

  • 音楽を流したり楽器での演奏が禁止されている
  • グループキャンプの人数制限がある
  • 騒いだら退場という文言がある

口コミで「管理人がうるさい」「ルールが厳しい」と書かれている場所がねらい目なことも♪

ねこ美
ねこ美

それだけしっかり苦情処理をしてくれるって事よね。

スポンサーリンク

迷惑キャンパー対処法その2!静かな時期を選ぼう

キャンプ場は大型連休中や夏休み、週末などはグループや家族連れなどで込み合います。人が多ければそれだけトラブルに遭遇しやすくもなります。できるだけ静かに過ごせる平日や閑散期を狙ってキャンプに出かけましょう。

迷惑キャンパー対策3!とにかく近づかない、離れる

グループでキャンプに来ているとどうしても声が大きくなったり、盛り上がり勝ち。大人数で来ている人の近くにはテントを張らないようにしましょう。騒音系迷惑キャンパーや距離なし系迷惑キャンパーが近くにいる場合は、離れた場所にテントを張りましょう。また、決まった場所にテントを張らなければいけない場合は、サイト側に相談をして早めに違う場所に替えてもらいましょう。

ねこ美
ねこ美

日中からうるさいグループは、深夜になると余計騒がしくなることもありますよ。

スポンサーリンク

迷惑キャンパー対策4!サイト側に注意をしてもらおう

迷惑キャンパーに遭遇してしまった場合、その場で注意をするのはNG!必ずサイト側に連絡して、そちらから注意してもらいましょう。もちろん、注意を聞き入れてくれないグループもいるでしょうし、逆切れしてさらにうるさくなったというケースも聞いています。しかし、そんなグループに直接注意をすることで、暴力やより一層嫌な思いをさせられることも。夜間管理人がいなくなるようなサイトの場合は、夜間に何かあった場合はどう対処してくれるかを聞いてから予約をするのもおすすめです。

迷惑キャンパー対策5.便利グッズを用意して対処しよう!

迷惑キャンパーに遭遇してしまい場所も変わることができない・・・。そんな時の為に、便利グッズも用意しておきましょう。

耳栓(騒音系迷惑キャンパー対策)

ソロキャンパーの必需品とも言えるのが耳栓です。キャンプに持って行く前に、実際に街中やテレビをつけながら使用してみて、自分の耳にフィットするもの、遮音性の高いものを持って行きましょう。

ワイヤレスイヤホン、ワイヤレスヘッドフォン(騒音系迷惑キャンパー対策)

耳栓をしても聞こえてくるような騒音を出している場合は、ワイヤレスイヤホンやワイヤレスヘッドフォンで音楽を聴きながら眠りにつきましょう。好きな音楽を取り込んでおけば、苛立ちも少しはおさまりそうですね。

難燃性素材のテントやタープ(ファイヤー系迷惑キャンパー対策)

ファイヤー系迷惑キャンパーの火の粉対策には、難燃性素材のテントやタープなどを使うのがおすすめ。初心者でこれからキャンプグッズを揃えるという人は、テントやタープだけでなく、椅子や洋服なども難燃性のものを意識して用意しましょう。

スポンサーリンク

迷惑キャンパーを恐れず楽しいキャンプを過ごそう!

キャンプ初心者の人は「迷惑キャンパーってなんだか怖い」「自分も迷惑キャンパーって呼ばれないかな」など、不安になってしまうのではないでしょうか。

でも、キャンプはルールを守ればとても楽しいもの。自然との一体感も感じられて癒されること間違いなし!

デジタルなものに囲まれて過ごしている私達にとって、癒しの時間になりますよ。

ルールを守ってキャンプを楽しみ、周りの人から注意を受けた場合はしっかりと謝り改善をし、迷惑キャンパーに遭遇してしまった時にはサイト側に報告をする、それだけを守ればキャンプも怖くありません!

みなさんもキャンプで楽しい時間をすごしてくださいね。

夏樹
夏樹

あなたが遭遇した「迷惑キャンパー情報」もお待ちしています~♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました