【迷惑メール】お支払いの問題でApple IDがロックされました。【警告】はフィッシング詐欺メール

ニュース

Appleから警告のメール!?

ほとんど使っていないメールアドレスに、Appleからメールが来ました・・・。

登録の請求は “Apple payment gateway” によって拒否されました。サービスへのアクセスを失わないようにするには、お支払い方法を更新してください。
よくお問い合わせいただく質問 (FAQ) とその回答については、Appleサポート にアクセスしてください。

 

一瞬、驚いたのですが、少しして気づきました。

これは迷惑メールだと!

だって・・・私一回もアップル製品使ったことないよ!!

ねこ美
ねこ美

これは“フィッシング詐欺メール”と呼ばれるものよ。

フィッシング詐欺メールとは?

フィッシング詐欺とは、送信者を詐称した電子メールを送りつけたり、偽の電子メールから偽のホームページに接続させたりするなどの方法で、クレジットカード番号、アカウント情報(ユーザID、パスワードなど)といった重要な個人情報を盗み出す行為のことを言います。

出典:http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/joho_tsusin/security/enduser/security01/05.html

夏樹
夏樹

糸を垂らして獲物が食いついてくるのを待っている感じね・・・。でも、引っかからなければよいのよ!

宛名が“Apple”なのに、フィッシング詐欺メール!?

フィッシング詐欺メールでは、送信者名が偽造して送られてくることがあります。

ねこ美
ねこ美

今回はそれが“Apple”だったの。

最近では有名企業の名前を偽装して贈られてくるフィッシング詐欺メールが多く、ひっかかってしまう人も。

今回のように宛名がappleでも、色々なフィッシング詐欺メールが送られてきているようです。

ここからは、その一例をご紹介していきます!

送信者が“apple”のフィシング詐欺メールの数々

Appleからの領収書です

「アップルからの領収書です」で始まる、身に覚えのない請求書。

とても巧妙で、思わず「もしかして間違えて買った!?」と思ってしまいます。

これらは、全てフィッシング詐欺メール。

「ここでキャンセルする」というリンクがありますが、絶対に踏まないようにしましょう。

Apple IDで不審な旨の通知が送信されました

日本語が不自然な場合、大抵フィッシング詐欺メールです。

大手企業が顧客にメールを送るとき、片言の日本語で送るなんて、普通はしないですよね。

アカウント情報の一部が誤っている

ご利用のAppleIDに関して、iPhoneXからiCloudにサインインされています。

日付:〇〇〇〇〇

アカウント情報の一部が誤っている故に、お客様のアカウントを維持するためApple ID情報を確認する必要があります。今アカウントを確認できます。

Apple IDにログインする ←絶対にクリックしてはいけない

なお、24時間以内にご確認がない場合、誠に遺憾ながら、アカウントをロックさせていただくことを警告いたします。

Appleサポート

【警告】アップルIDの削除が承認されました

さいごに

Apple以外にも、郵便局や宅配業者を装ったフィッシング詐欺メールが多発しています。

巧妙なので騙されてしまいがちですが、「おかしいかな?」と思ったら、一度インターネットで

  • 送信先のアドレス
  • 送られてきた文章

などを入れて、検索してみてください。

迷惑メールやフィッシング詐欺メールの場合、情報が出てきます。

騙されないように、気をつけてたいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました