【茨城県】全県立校で4月14日~一斉休校決定!スポーツジムやパチンコには他県から流入で感染増の懸念

ニュース

茨城県の全県立校で、一斉休校が決定しました(4月13日)

大井川和彦知事は、4月13日に行われた記者会見で県内の全県立学校を4月14日~5月6日まで一斉休校にすると決めました。

緊急事態宣言が発出された後も、大井川知事は教育崩壊を危惧して一斉休校を行っていませんでしたが、緊急事態宣言対象地域からの感染者の県内流入が広域に確認され始めたため県内の一斉休校を決めました。

夏樹
夏樹

県南地域のホームセンター、スーパー、パチンコ屋には、県外ナンバーの車が沢山停まっています。感染が広がるのも時間の問題!

「日立第一高校」の3年生が休校を求めて自主休校のストライキを行ったことも、今回の一斉休校を後押しするきっかけになったのではないかと言われています。

スポンサーリンク

4月13日茨城の新型コロナウイルス感染症の陽性患者は109人に

4月13日の時点で、茨城県内で新型コロナウイルス感染症の陽性反応が出た人は109人。

引用:新型コロナウイルス感染症対策本部発表資料

爆発的に増えているわけではありませんが、毎日何人か陽性患者が判明しています。

また、緊急事態宣言が出た後、東京、千葉、埼玉などから買い物や娯楽を求めて県内に人が流入していることも確認されているので、2週間後はもっと感染者が増える可能性があります

スポンサーリンク

緊急事態宣言エリアの人が茨城県内に流れてきている!

緊急事態宣言が発令されてから、県内では色々な変化が起こり始めています。

1.納豆が棚から消える

「茨城県は納豆を食べているから感染者が出ない」と言われていた時期があり、数日棚から納豆が消えることがありました。最近ではそんなこともなく色々な種類の納豆が買えていましたが、4月11.12日両日とも、茨城県南地域では納豆が棚から消えました。

2.緊急事態宣言エリアのゴールドジムの利用者が茨城へ来ている

首都圏1都3県の緊急事態宣言エリアでは、スポーツジムの休館が相次いでいます。ゴールドジムもその1つで、会員が茨城県内の「牛久茨城店」へ来ていることが報道されました。通常150人ほどの利用者ですが、他県から50人ほどが流れていているそう。他にも大手スポーツジムが営業自粛をしていることから、県内で通常営業している店舗に“ジム難民”が押し寄せてきています。怖いのは自家用車だけでなく公共交通機関を利用して来ているところ。移動の際にも感染を広げてしまっている可能性がります。

夏樹
夏樹

こんな時でも日課になっていたらやめられないものなの・・・?

3.パチンコやに県外ナンバーの車が続々

県南地域のパチンコ屋では、他県ナンバーの車がずらりと並んでいます。これは茨城県だけに限った話ではなく、中部地方や関西地方でも同じ状況が報告されています。

4.ホームセンターにも他県の車が続々

東京・千葉・埼玉のジョイフル本田が休業決定し、茨城、群馬、栃木の店舗へ人が流れてくることが予想されています。既に4月11・12日両日共に守谷市のジョイフル本田には多くの他県ナンバーの車が停まっていました。

 

夏樹
夏樹

緊急事態宣言が出てお店が閉まれば周りの県に買い物するしかないのは分かるけど・・・。

新型コロナウイルス感染症、大井川知事の教育への考えは?

大井川知事はtwitterをやっているので、情報発信もこちらからチェックできます。

では、これまでの発言から知事の考えを見ていきましょう。

3月17日、県内1例目のコロナウイルス感染症陽性者が出る

全国で次々と新型コロナウイルス感染症の患者が出る中、関東では唯一茨城だけが発症者0でしたが、この日1人目の陽性患者が出ました。

4月5日、新学期が始まる前の考え

通常だと4月6日から新学期がはじまります。

感染者が多く報告されている県南の10の市町村では休校が決まっていましたが、大井川知事はこの時点では一斉休校の考えはありませんでした。

4月6日、県内10市町の県立学校と全県の特別支援学校を臨時休業

この日、新型コロナウイルス感染症が広がっている県南地域の県立学校と全権の特別支援学校が臨時休業となりました。一斉休校の期間は市町村によって異なります。また、水戸市など他の地域は一斉休校の対象となりませんでした。

4月8日、県立高校生の10市町村外への通学自粛を要請

この頃から県南地域では市役所の車が周り、自粛の呼びかけを始めました。

4月13日、茨城県内の全県立高校で一斉休校が決定する

4月14日から全県立高校で一斉休校することが決定しました。

休校になって一安心ですが、他県からの流入がある今、県内の感染者は今よりも増えるでしょう。

今後の一斉休校延長するにしても、学校再開するにしても、今後は更に難しい判断が必要となってきます。

スポンサーリンク

大井川知事のプロフィール

1964年4月6日生まれ (2020年4月13日時点で56歳)

出身は茨城県土浦市

1988年通商産業省(現経済産業省)に入省、1998年通商産業省の初代シンガポール事務所長に就任。退官後はマイクロソフトアジア執行役員、執行役常務を経て、シスコシステムズ専務執行役員、ドワンゴの取締役という経歴を持つ。

2017年の茨城県知事選挙で初当選。

知事としての功績

・県庁の決裁事務の電子決裁化を決定し、99.1%を電子決済化達成

・性的少数者のカップルに証明書類を発行する「パートナーシップ宣誓制度」の導入

など、詳しくは公式ホームページから確認してください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました