クレジットカード不正使用で中国籍の高2逮捕。スーパーのアルバイトでカード情報を入手。どこのスーパーか発表は?

ニュース

スーパーのアルバイトの高校生がカード情報を不正に入手

警視庁は電子計算機使用詐欺の疑いで、横浜市に住む中国籍の通信制高校2年生の少年(16)を逮捕しました。少年は調べに対し「スーパーのアルバイトでカード情報を80件ほど入手した」と述べており、被害総額は1000万円に及ぶと見られています。

逮捕容疑は2020年1月に他人名義のクレジットカードでインターネット決済をして航空券4枚(計14万円相当)を不正に入手したことですが、2019年11月~2020年2月にかけて東京ディズニーランドやユニバーサルスタジオジャパンの入場券などを購入しており、余罪があると見られています。

スポンサーリンク

1000万円の豪遊、親や友達はおかしいと思わなかったのか?

少年は3か月間で80回ほど飛行機を利用した旅行を、友人たちと共にしていました。この少年が全額航空券の代金を支払っているのであれば、同行した友人たちはおかしいと思わなかったのでしょうか。また、親も一連の行動に全く気が付かなかったのでしょうか?

夏樹
夏樹

チケットを換金していた可能性も浮かんでくるわね。

他人のクレジットカード情報を手に入れた手口とは?

少年はスーパーのレジ打ちをしながら客のクレジット情報をメモし、使用していました。インターネットで物を購入する際には

・カード番号

・有効期限

を入力しますが、場合によっては名前や裏面のセキュリティーコードを入力する必要があります。

通常であればスーパーのレジを打っている間に少年がメモを取っていたら気づくと思いますが、被害にあった人は80人にも及びます。クレジットカードの種類によっては出てきたレシートに店員が自分の名前のサインをすることがありますが、このスーパーもそうだったのでしょうか。2020年6月23日現在、どこのスーパー利用者が不正使用の被害に遭ったのかは分かっていませんが、判明次第、追記します。

スポンサーリンク

同じような被害は過去にも起こっていた

「クレジットカードなんて簡単に悪用できるわけがない」と思うかもしれませんが、インターネット通販を使う場合はクレジットカードの情報が手元にありさえすれば簡単に購入できてしまいます。

過去にも同じように店員がクレジットカード情報を不正に入手する事件が起こっています。

ダイエー従業員によるクレジットカード情報の不正入手

2009年6月から2010年9月の期間にダイエー港南台店およびダイエー戸塚店(いずれも神奈川県横浜市)の医薬・化粧品売場レジにてご利用いただきましたクレジットカードのうち、一部の情報を弊社元従業員(2011年2月8日付 懲戒解雇)が不正取得していたことおよびその情報が不正に利用されていたことが判明いたしました。

引用:http://www.daiei.co.jp/index.php/corporate/release_detail/675

この時も店員がメモをする形でクレジットカード情報の不正入手が行われました。

ねこ美
ねこ美

2009年6月~2010年9月までの期間で、271枚のカードが被害に遭ったわ。

クレジットカード決済をする際、見えない場所にクレジットカードを持っていかれてスキミングされる被害なども注意喚起されていますが、覚えてメモして不正使用をするというやり方は時間もかかり疑われやすくなります。今回は何故、数か月もの間発覚しなかったのでしょうか。

クレジットカード会社からの請求に不審な内容がある場合には、すぐにクレジットカード会社の相談窓口に連絡してください。
・詐欺等の犯罪被害にあった場合には、最寄りの警察署又は都道府県警察サイバー犯罪相談窓口に相談してください。

引用:https://www.npa.go.jp/cybersafety/Request/request4.html

年々増えているクレジットカードの不正使用にご注意を!

日本クレジット協会によれば、ここ数年クレジットカードの不正使用は増加傾向にあるといいます。ひと昔前までは「偽装クレジットカード」を使用した犯罪の方が多い傾向にありましたが、近年では今回のような「番号盗用」と呼ばれる手口が増えています。チケットや腕時計などをインターネットで購入し、すぐさま現金化するのが常套手段となっており、電子チケットや電子マネーなどの転売しやすいものも好まれる傾向にあります。

「クレジットカードが不正使用されていたら気づくだろう」と思っていても、最近では高額のものを購入されるケースよりも、1万円程度のものを複数回購入するケースが増えているので、頻繁にクレジットカードを使用する人は要注意です!

スポンサーリンク

不正使用被害に遭いたくないなら、毎月明細をチェック!

クレジットカードを不正使用された場合、クレジットカード会社に連絡をすれば保証してもらえます。しかし、期間が開いてしまうと、その対象外となってしまうことも。

キャッシュレス化が進む昨今、クレジットカードの使用が増えて「イチイチ見ていられないよ!」と思ってしまうかもしれませんが、毎月明細をしっかりと確認して被害を防ぎましょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました