子供がお金を取る!?親の財布からお金を取っている疑惑が湧いたらすぐにやりたい行動まとめ

家庭内

親の財布から子供がお金を取っている!?そんな時どうしたら良い?

「家計簿をつけようと思って財布を見たらお金が減っている」

「保管してあった1万円が無くなっている」

夫に確認してみたけれど、どうやら子供が犯人のよう・・・。

こんな経験をしてしまったら、親としては苦しいし、自分や子供をせめてしまいますよね。

でも、実は、これはどんな家庭でも起こりうる問題。

夏樹
夏樹

小2の娘のお母さんも悩んでいたわ。

そこで今回は、子供が親のお金を盗んだ時、どんな対応をしたらよいのか、やってはいけないことはどんなことかをご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

1.子供がお金を取った犯人なのかどうかを確認しよう

まずは本当に子供が盗んだのかどうかを確認しましょう。

夫が嘘をついている可能性や、空き巣被害など、子供以外が犯人だった場合、疑うことや責めることによって大きな傷を与えてしまうことになります。

【聞き方の例】

「お母さん(お父さん)の財布からお金がなくなっていたんだけれど、何か知っている?もし、あなたじゃないなら警察に届けなければいけないんだけど。」

2.子供が取ったと言ったら、手元に残っているかどうか確認しよう

子供が正直に「自分が盗んだ」と言ったら、手元にお金が残っているかどうかを確認しましょう。

その際、残っていなくても頭ごなしに怒らず、まずは財布の中身や買ったものの確認をしましょう。

取ったお金が残っていた場合

全て返還させましょう。そして、今までいくら盗んだのかを確認しましょう。

いきなり何万も盗むことは少なく、ほとんどの場合が100円などの小銭を盗み、それがバレなかったからお札を盗むというケースが多いです。なので、過去に盗んだ分もしっかりと計算し、返済させましょう。

取ったお金が一部しか残っていない、または全くない場合

何を購入したのか聞きましょう。購入したものがあれば、持って来させて、それが盗んだ金額と合うかどうか確認しましょう。盗んだ金額に見合うものを買っていない場合は、いじめにあっているケースや、周りの気を引きたくてお金を散財している可能性があります。

3.取ったことに目を背けず、逃げず、しっかりと向き合う

年齢や性別などによっても対処方法は変わりますが、やってはいけないのはこの4つ。

1.気づかないふりをする

親が子供を信じたい場合や関係を壊したくない場合、気づかないふりをしたり、自然と返還されるのを待つという方法がよく聞かれます。しかし、実際これで反省するのかどうかは、五分五分というところです。その場をなんとかやりすごせばどうにでもなるという考え方にさせてしまう原因にもなりかねません。

ねこ美
ねこ美

気づかれなければまた盗ってもOKって思いそう。

夏樹
夏樹

子供を信じるというよりは、親が向き合うのを怖がっているようにも思えてしまうわ。

2.暴力を振るう

事情を聴かずにいきなり暴力を振るうのは、悪いことや気に入らないことがあったら暴力で解決すれば良いという考え方を与えてしまいかねません。まずはどうして盗んでしまったのか、何に使ったのか、使ってしまったお金をどうやって返すのか、今後はどうするのかを冷静に話し合いましょう。

3.人格否定をする

お前なんて産まなければ良かった!消えてしまえ!そんな人間に育てた覚えはない!施設に行け!警察に行け!これらの言葉は、お金を盗んだという行為を否定しているわけではなく、子供自身の人格を否定してしまっています。

夏樹
夏樹

頭にカーっと血がのぼって言ってしまった場合は、どうしたら良い!?

ねこ美
ねこ美

親だって人間。とっさに暴力や暴言が出てしまった場合は、しっかりと謝ってから、お金を盗んだ問題と向き合いましょう。

 

4.おこづかいを一切渡さない

盗んだお金を返すまでおこづかいを一切渡さない!と決めてしまった場合、金額が大きければ大きいほど、友達との交友関係や自分自身の生活に重くのしかかってきます。

ねこ美
ねこ美

子供には子供の社会があるから、自業自得の一言では片づけられないわ。

何万、何千円というお金を盗んでしまった場合は、お年玉やお盆の帰省などでおこづかいをもらった時にまとめて返済させましょう。もちろん、毎月のおこづかいを貯めて早く返すのも認めても良いですね。

4.親の財布からお金を取らないように形に残そう

一通り話し合いをしたら、今後について最後に形に残しましょう。

●金額と返済の予定を確認

取ったお金が数百円だった場合は、おこづかいの中から毎月〇円、何千円、何万円だった場合は、お年玉やお盆玉の中から返済、といったように計画を立てましょう。その際、子供自身に誓約書を書かせるというのも良い方法です。

ねこ美
ねこ美

親が書くんじゃなく、子供に書かせるのがポイントね。

●また親の財布からお金を取った場合、どうするかを話しておく

親のお金を取るのが初めての場合、多くの人が母親と子供の間で問題を収めているようです。しかし、何度も続く場合は、父親との話し合いや、場合によっては家庭内窃盗や盗みを専門としている思春期外来や心療内科にかかることも視野に入れ、そのことを子供自身にもきちんと伝えておきましょう。

スポンサーリンク

親の財布からお金を取る子供の心理とは?

「どうして親のお金を取ってしまう子供になってしまったんだろう。」

「付き合っている友達が悪い子ばかりなのか。」

親としては、何で?どうして?ばかりが頭をよぎってしまいますよね。では、ここからは実際にどうして盗んでしまうのか、実際に親のお金を盗んでしまった子から聞いた心理状態を見ていきたいと思います。

1.そもそも親のお金を取ることが悪いことだと思っていない

小学生のころに親の財布からお金を盗んでしまった人の中で多かったのが「そもそも親のお金を取ることが悪いことだと思っていない」ケースです。スーパーなどで何千円とする商品を毎回買っているのを見て「うちはお金持ちなんだ」「数千円くらいどーってことないお金なんだ」と考え、「それならば自分が貰っても良いよね。だって子供だもん。」という感じで、お金を取ってしまいます。

夏樹
夏樹

これ、意外と低学年の子に多いんです。

ねこ美
ねこ美

親は無限にお金を持っていると思っているのよね。

しかし、これは言い訳に過ぎず、実はうしろめたい気持ちもあります。親の財布からお金を盗むというスリルや、盗んだお金でいつもよりちょっと贅沢なお菓子やおもちゃを買うことで、優越感に浸っていることも。

これを見て見ぬふりしてしまうと、万引きなどの犯罪に繋がる可能性もあるので、早めに話し合いましょう。

2.親に反抗心を持っている

小学校高学年以降に増えてくるのが「毎月のおこづかいが少ない」「周りの子たちと同じように遊ぶことができない」という反抗心から盗むケース。この場合は、罪悪感よりも反抗心の方が勝ってしまい、母親がしっかりと向き合って話そうとしても、効果がないことがあります。この場合は、おこづかいの金額調整に加えて、時と場合によっては父親や祖父母などの第三者を交えての話し合いも必要となってきます。

3.いじめにあっている

学年を問わず、いじめにあっているケースで金品を巻き上げられるケースがあります。過去には事件になったものもあり、生徒が自ら命を絶ってしまった悲しいニュースもありました。いじめで金品の被害にあっている場合、ほぼ間違いなくどうしてお金を取ったのかを素直に言える子は少ないでしょう。盗んだお金を何に使ったのか分からない場合、いじめの可能性も視野に入れて、じっくりと話し合いをしましょう。

夏樹
夏樹

これはじっくりと話し合わないと誰に渡っているかまでは掴めなさそう。

4.ちやほやされたくておごっている

大金を持っていることで「すごい!お金持ちなんだ!」と褒められたり、おごることで感謝されることが快感になってしまっているケース。女子に多くみられ、かわいいアクセサリーを自分の分だけでなく友達の分もお揃いで買ったり、スイーツをおごったりと、ちやほやされることで安心したい、お金を支払うことで自分の居場所を確保していることがあります。

ねこ美
ねこ美

友達も無理して払っているのを分かっていて、良いように利用されている可能性もあるわ。

さいごに

子供が親の財布からお金を取ってしまった場合の対処方法は、家庭環境や子供の性質によっても大きく変わってくると思います。しかし、この記事を読んでくださった方は、しっかりと向き合おうと思っている方ばかりだと思います。その気持ちがお子さんに通じて、お金の価値だけでなく、親御さんの気持ちも伝わるよう祈っております。

夏樹
夏樹

皆さんの中でも親のお金を盗んでしまったことがある人、どうしてやってしまったのか、どうやってやめたのかを教えてもらえると嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました