somcoolは怪しい?中国系詐欺通販会社?買ってしまった時のトラブル対処法

somcoolは怪しい詐欺通販会社?

「somcool」は、最近被害が多数報告され、詐欺通販なのではないかと噂されている通販サイトです。

SNSの広告などで格安商品を宣伝していますが、購入商品とは全く違う品物が届いたり、商品自体はちゃんと届いたけれど粗悪品だったという声が多数あがっています。

返品したくても対応してもらえない、電話もメールも全然繋がらないことから、困っている人も多く、当サイトにも「詐欺通販会社なのではないか?」「怪しい詐欺サイトではないか」との声が寄せられています。

そこで今回はsomcoolは怪しいサイトなのか?詐欺通販サイトなのか?中国系の会社なのか?返品をしたいけれどうしたら良い?などの声にお応えします!

スポンサーリンク

somcoolはLINE、Instagram、Twitterで広告を出している!

somcoolはLINE、Instagram、twitterなどに広告を出していて、そのSMSを利用している若い世代の人たちがターゲットになっています。

中には「良いものが届いた」という声もあり、詐欺ではないのでは?との声もありましたが、圧倒的に「粗悪品が届く」「中国系通販会社だぞ」「特商法の記載がない時点で怪しいよ」それ以外の声多く注意喚起がされています。

有名なSNSで広告が出てくるくらいだから詐欺じゃないんじゃない?と思いがちですが、過去も今現在もSNSには沢山の詐欺サイト、フィッシングサイトの広告が掲載されています。

夏樹
夏樹

広告って審査されていないの?

ねこ美
ねこ美

一応審査はあるけれど、相手はプロだからすり抜けて掲載されるわ。

somcoolで通信販売されていた怪しいアパレルの数々

somcoolが取り扱っているものは高級なブランド品、お店であまり見ないような個性的なアパレル商品、家電などの便利グッズなどがメインです。

「somcool」で検索している人は、以下の言葉も合わせてチェックしています。

  • somecool ムートン ブーツ
  • somecool 靴
  • somcool com 評判
  • somecool マウンテン パーカー
  • somecool ワンピース

※サイト名は「somcool」ですが、「somecool」で検索した人はこのサイトでの口コミを調べた買ったのではないかと推測したので記載してあります。

スポンサーリンク

somcoolは返品が不可!?中国系通販会社

somcoolは通信販売の会社なので、通常では「特定商取引法」に基づき、返品やクーリングオフが可能です。しかし、サイトに記載されている特定商取引法に基づく表記を確認して電話したところ全く繋がらない、連絡はつながったけれどその後対応に進展がないという声が投稿されていました。

ねこ美
ねこ美

実際2021年11月~2021年12月9日までの間だけでも、10人以上の人がTwitterで被害の声をあげているわ。

夏樹
夏樹

圧倒的に「詐欺だから気を付けて」っていう書き込みが多かったね。

somcoolには特定商取引法に基づく表記がない

somcoolのサイトには、通信販売事業者に義務付けられている「特定商取引法に基づく表記」がきちんと記載されていませんでした。

通信販売にかかる規制に関しては、以下のことが特定商取引法に基づく表記で広告に表示する事項を義務付けています。

somcoolの特定商取引法に基づく表記

販売価格(役務の対価)(送料についても表示が必要)・・・記載あり

代金(対価)の支払い時期、方法・・・記載あり

商品の引渡時期(権利の移転時期、役務の提供時期)・・・記載なし

商品若しくは特定権利の売買契約の申込みの撤回又は売買契約の解除に関する事項(その特約がある場合はその内容)・・・記載なし

事業者の氏名(名称)、住所、電話番号・・・記載なし

事業者が法人であって、電子情報処理組織を利用する方法により広告をする場合には、当該販売業者等代表者または通信販売に関する業務の責任者の氏名・・・記載なし

引き渡された商品が種類又は品質に関して契約の内容に適合しない場合の販売業者の責任についての定めがあるときは、その内容およびその額・・・記載なし

ねこ美
ねこ美

通信販売では義務付けられているけれど、somcoolに関して当てはまらなかった条項は省いてあるわ。

夏樹
夏樹

一番大切な事業者の氏名や電話番号が書かれていない時点で怪しい気がするね。

特定商取引法とは?

特定商取引法は、事業者による違法・悪質な勧誘行為等を防止し、消費者の利益を守ることを目的とする法律です。 具体的には、訪問販売や通信販売等の消費者トラブルを生じやすい取引類型を対象に、事業者が守るべきルールと、クーリング・オフ等の消費者を守るルール等を定めています。

引用:特定商取引法ガイド

通信販売はこの特定商取引法の対象となり、以下のような義務や規制があります。

行政規制

  • 氏名等の明示の義務付け(事業者名や勧誘目的であることなどを消費者に告げる義務)
  • 不当な勧誘行為の禁止(価格や支払いの条件等についての虚偽の説明や故意に告知しないことを禁止)
  • 広告規制(重要事項表示の義務付け、虚偽・誇大広告の禁止)
  • 書面交付義務(契約締結時等に、重要事項を記載した書面を交付する義務)

民事規制

  • クーリング・オフ(申込みや契約の後に、無条件で解約すること。通信販売ではクーリング・オフは規定なし。)
  • 意思表示の取消し(事業者が不実告知や故意の不告知を行ったことで、消費者が誤認した状態で契約の申込みまたや承諾の意思表示をした時には、消費者が意思表示を取り消すことを認める。)
  • 損害賠償等の額の制限(消費者が中途解約する際などに、事業者が請求できる損害賠償額に上限を設定。)

somcoolは中国の通販サイトラッキーイーコマース有限会社が運営

somcoolのサイトには事業者の所在地や名称などの記載がありませんが、商品が届いた人によると中国から送られて来たとの情報がありました。また、somcoolが利用している電話番号「03-4590-2533」は、ラッキーイーコマース有限会社が登録している電話番号だということも判明しています。

夏樹
夏樹

あ・・・あのラッキーイーコマース・・・

ねこ美
ねこ美

商品が届かない、粗悪品が届くことで有名なあのラッキーイーコマースね。

somcoolの運営はラッキーイーコマース有限会社

ラッキーイーコマースは中国系の通販サイトで、複数のアカウント(ブランド)を使い分けて、広告と違う商品の発送をしたり、粗悪品を取り扱っています。返品できないなどの被害を訴える声が多く挙がっているので、somcool以外でもラッキーイーコマース有限会社が運営しているサイトは避けましょう。

  • 事業紹介 販売会社 : ラッキーイーコマース有限会社
  • 所在地 : 香港上環干諾道西28号威勝商業ビル5階503室 (香港上環干諾道西28號 威勝商業大廈503室)
  • 運営責任者 : 野田 秀彦
  • 電話番号 : (0081) 043-467-2279
  • 公開メールアドレス : service@top-sale-japan.com
  • 電話受付時間 : 09:00〜18:00 年中無休

ラッキーイーコマース有限会社が運営しているとされるサイト

ラッキーイーコマースは色々なアカウント(ブランド)を使い分けて宣伝しています。

  • bigbigtown
  • laakeke
  • loorain
  • uoisena
  • caroroe
  • Yototoro
  • aimibuybuy
  • viatiam
  • cocoliya
  • lxblcn
  • brook-mall
  • suyyty
  • yuu-store
  • natamoo
  • hoos-mall
  • stroew
  • subolly
  • yunn-shop
  • dealokk
  • fineushop
  • bibiweesll
  • homeosl
  • pathumy
  • lolokuu
  • Customne.Mall

日本では若者を中心に被害が拡大していますが、詐欺だ!だまされた!と声をあげている人はごく一部。実際に表に出てこないだけで沢山の被害者がいることが想定されます。

スポンサーリンク

somcoolの通信販売を利用してしまったら

クレジットカード会社に連絡をする

somcoolはクレジットカードと代金引換のみの決算となります。代金引換にすると手数料がかかることから、クレジットカード支払いにする人が多いでしょう。somcoolでの買い物に不安がある場合は、購入キャンセルの連絡を入れて、クレジットカード会社に連絡をして決算するのを止めてもらいましょう。また、クレジットカード情報が洩れていることを考え、停止と再発行の処理もしましょう。

夏樹
夏樹

クレジットカードを停止すると面倒くさいけど、別の詐欺被害にあうよりはマシだよね。

ねこ美
ねこ美

決済されていても、クレジットカード会社が返金対応してくれることもあるから諦めないで!

代金引換(代引き)は受け取らない

代引きで商品を購入した場合、受け取ってお金を支払ってしまったら返金は難しくなります。その為、受取り拒否をして持って帰ってもらいましょう。ポストに投函されていた場合でも「注文していないものが届いたため、受取拒否します」と伝えて回収してもらいましょう。注意したいのが着払いで送り返すこと。相手が受取り拒否をしたら、自分のところに戻ってくる可能性があります。

商品が届かなかったら警察に相談

商品を購入したのに全然届かない場合は、警察に相談しましょう。相談に行く先は最寄りの警察署や都道府県管轄のサイバー犯罪対策窓口です。

「経った数千円だから」と泣き寝入りしてしまうと、悪質な業者の思うツボになってしまいます。被害を申告する際には、事業者とのメールのやりとりや画面のスクリーンショット、銀行振込した証明書、クレジットカード決算の履歴などを持っていきましょう。

うまくいけば口座の凍結が行われ、これ以上の被害者を出さずにすみます。また、「振り込め詐欺救済法」に基づき凍結された口座からの返金が行われる場合もあります。

スポンサーリンク

somcoolのような怪しい!通販詐欺?と言われるサイトには近づかない

SNSには沢山の広告が日々あがっています。それら全てが詐欺ではなく、中小企業で一生懸命宣伝をしている事業者さんもいます。

今回のsomcoolのような怪しい!通販詐欺?と言われるような会社には近づかないのが一番。

消費者庁などで注意喚起されている下記の4点を特に注意をして詐欺サイトに引っかからないようにしましょう。

  1. サイト上に販売業者の名称、住所、電話番号が明確に表記されていない
  2. 日本語の表現が不自然
  3. 支払い方法が前払い等、銀行振り込み、代金引換に限定されている
  4. ブランド、メーカー品で価格が極端に安い

できる限り安心できる大手のサイトから購入をするようにし、偽物の疑いがあるものや極端に安い物には手をださないようにしましょう。

somcool以外でも怪しい、通販詐欺ではないか?という情報がありましたら是非情報をお寄せください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました