【東京都世田谷区】スケートボードに腹ばいの男児、ワゴン車に轢かれ死亡。場所は?親は?事故はどうやって起きたのか?

スケボーに腹ばいで乗り移動し、ワゴン車に轢かれる事故が発生

2020年6月23日午後1時頃、東京都世田谷区中町の交差点で、近くに住む男児(4)がワゴン車に轢かれて死亡する事故がありました。

場所は東京都世田谷区上野毛4丁目3、東京都世田谷区上野毛4丁目4、東京都世田谷区中町5丁目37、東京都世田谷区中町38に挟まれた信号のない交差点。

警察はワゴン車を運転していた47歳の建設会社社長の男性を過失運転致傷の現行犯で逮捕。事故の詳しい情報を調べています。

祖母と一緒に行動中、事故に遭遇

男児は当時祖母と一緒に行動しており、事故の直前には男児がスケートボードに腹ばいで乗っていたのが目撃されています。手で押しながら前へ進む状態で、交差点を渡ろうとしたところ事故に遭い、事故当時祖母は離れた場所にいたと報道されています。

ねこ美
ねこ美

おそらく、スケボーの高さと男児の年齢から見て、30~40cmほどの高さで移動していたのではないでしょうか。

夏樹
夏樹

その高さなら、至近距離で滑り込まれたら死角で見えない

近くの防犯カメラには、ワゴン車は一時停車した後、男児を轢いた様子が映っていました。

悲惨な事故現場

男児は事故が起きた際、車体の中に潜り込んだ状態で、車を板を挟ませて救出。事故車両の横にはスケートボードが折れた状態で残されており、現場にはおよそ7m引きずられた痕跡が残っていました。

スポンサーリンク

死角に滑り込んまれたら、一瞬で加害者になってしまう

この事故を受け、自家用車に座ってみてどのくらいの死角が生まれるのかを実験してみました。

我が家にも夫のスケボーがあるので、車の目の前に置いてみました。(※完全に我が家の敷地内、駐車場だけで実験しています。くれぐれも道路やショッピングモールなどの駐車場で実験しないようにしてください。)

結果、車体の前から1m~2mほどの場所では、車の前に置いたスケボーと、寝そべった我が子は完全に見えませんでした。

夏樹
夏樹

通常スケボーで遊ぶことも、道路遊びをすることもないうちの子供達ですが、運転席で膝に乗せて大人目線で実験した様子を見せたら、「全然見えない!怖い!」と驚いていました。

我が家はミニバンなので今回のワゴン車とは死角の範囲が違うかもしれませんが、教習所などでは前方は約4m~5mの死角があると習います。

スケートボードを腹ばいで乗る行動に怒りの声が続出!

このニュースが放送されてからは、ワゴン車の男性への同情の声や、スケートボードを腹ばいで乗って道路で遊ぶことの危険性を訴える声が次々と挙がりました。

スケボー腹ばいで来られても、ワゴン車だったら見えないかも。一時停止して見たのに、死角から来られて轢いちゃったら逮捕。実名報道も怖い。

逮捕されなきゃいけないのは祖母のほうじゃないの?なんで近くにいないのよ?そもそも4歳の子供を老人が面倒見れると思ってる時点で無理なのよ。4歳児の運動能力に高齢者が追いつくわけない。そもそも見てる気なんてなかったんでしょ。

※この事故に関するみなさんのご意見があれば、Twitterで呟いてください。掲載させて頂きます。

スポンサーリンク

過去にも同じようにスケボー腹ばいでの死亡事故が起きている

過去にも子供が公道でスケートボードに乗り事故が起き、同じような議論が巻き起こっています。

幼稚園児が自宅前でスケボーで遊んでいて死亡

2014年6月8日午後、千葉県船橋市の住宅街の路地の中でスケートボードで遊んでいた6歳の男児が車に轢かれ死亡しました。自宅の目の前の道路でスケートボードで遊んでいたと見られ、35歳の女性が過失運転傷害の疑いで逮捕されました。

夏樹
夏樹

裁判の記録は見つかりませんでしたが、加害者女性の名前は今も検索すれば出てきます。

マンションのスロープをスケボーで滑り降りてきた少女が衝突し死亡

1998年6月28日には、埼玉県草加市内のマンション前の4.4mスロープを利用してスケートボードで滑り出てきた11歳の少女が走行してきた乗用車と衝突し死亡した事故では、その後の裁判では運転手側に「飛び出しをも予想して十分な安全確認をすることを怠った被告の側の落ち度も軽視することができず、被害者保護および危険責任の観点を考慮し、被害者側に生じた損害の衡平な分担という見地から考えるならば、損害の減額割合、すなわち、被害者の過失割合としては、40%をもって相当と判断される。」という判決が出ています。

ねこ美
ねこ美

つまり、車側は60%、小学生側が40%ということよ。

道路は遊び場じゃない!スケートパークを使おう

最近では全国にスケートボードができるパークが広がってきています。一見こういう場所は「プロでないと行ってはいけない」「下手だから恥ずかしい」と一般ユーザーにはまだ浸透していませんが、安全にスケートボードを楽しんで欲しいというパークの製作者の想いで作られているので、初心者でもウエルカムな所も多く存在します。

夏樹
夏樹

公道でスケボーをやっている人は、他のスケボー愛好者から白い目で見られていることも。ルールを守って遊ばないと、全員が“マナーを守れない人”というレッテルを張られてしまいます。勇気をもってパークに出かけてみよう!

ねこ美
ねこ美

最近では屋内のスケートパークや、市町村が管理する公園に設けられていることもあるの。

スケートボードで遊ぶ、遊ばせる際は、公道ではなく近隣のパークを探してみましょう!

スポンサーリンク

公道でのスケートボードは違反ではない?

「スケートボードを公道で利用しても良いのか?」という疑問が湧いてきますが、そもそもスケートボードは車輪があっても軽車両には分類されません。よって、法的には道路交通法76条4項3号が適応され「交通のひんぱんな道路において、球戯をし、ローラー・スケートをし、又はこれらに類する行為をすること。」という禁止事項が適用されます。

夏樹
夏樹

「ひんぱん」って何をもって頻繁?

ねこ美
ねこ美

車両や歩行者の数だけでなく、道幅なども関係してくるから、ケースによって「ひんぱん」の考え方は違うの。

夏樹
夏樹

・・・道路は遊ぶ場所じゃないよ。家や公園であそぼう。

今回の事故では一緒にいた祖母に対する批判が多く集まっています。4歳の男児に「道路で遊んじゃダメだよ」「交差点を渡るときは右、左、右を確認して手をあげて渡ろうね」「(歩道がないような道路)では手を繋いで歩こうね」と教えて付き添ってくれる大人が今回いれば・・・と悔やまれてなりません。

二度と同じような事故が起きない為にも、危険な遊び方をしている子がいたら注意や通報などをして、加害者にも被害者にもならないようにしたいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました